1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 【税金をお得にする裏ワザ!】nanacoにクレジットチャージしてポイントをゲットしよう!

【税金をお得にする裏ワザ!】nanacoにクレジットチャージしてポイントをゲットしよう!

 2018/07/06 ライフスタイル
この記事は約 25 分で読めます。 2,187 Views

自動車税や固定資産税・住民税などの税金を現金で支払っていませんか?実はそれは損をしています。必ず支払わなくてはいけない税金ですから、少しでもお得に納税したいですよね。

そこで、今回ご紹介するのは税金をお得に支払う裏ワザです。税金を安くする事はできませんが、支払い方法を少し工夫するだけで税金額の0.5%〜1.2%を還元させる事ができるのです。

その方法とは、電子マネーnanacoを使ってクレジットカードポイントを獲得する節約術です。還元率1%とはいえ、毎年支払っていく税金の合計は馬鹿にできません。税金を10万円支払えば1,000ポイント・50万円なら5,000ポイント・100万円なら1万ポイントです。

今回は、nanacoでお得に税金を支払う方法について徹底解説します。慣れてしまえばとても簡単ですので、是非活用してみてくださいね。

 

nanacoを使って税金や公共料金をお得に支払おう!

自動車税・固定資産税・住民税など、税金の納付書が届いたら納付書に「バーコード(CVS収納用)」の記載が無いか確認してみましょう。

本来であれば税金は県や市町村が税金を徴収しますが、納税を簡単に行えるようにコンビニが代行サービスを行っている場合があります。納付書にバーコードがあった場合、裏面も確認してみましょう。納付場所の詳細に「コンビニエンスストア」があればOKです。

セブンイレブンでnanacoとクレジットカードを使って納税すればお得に税金を支払うことができますよ。

どんな税金・公共料金が支払えるの?

税金だけでなく、電気・ガス・水道代など公共料金もコンビニで支払う事ができます。地域や会社によって異なりますので全てOKとは一概には言えませんが、以下の税金・公共料金に対応している事が多いです。

自動車税
軽自動車税
固定資産税
所得税
住民税
国民年金
国民健康保険料
電気代
ガス代
水道代
定番の節約術ではありますが…
税金をnanacoでお得に支払う方法というのは、実は有名で定番の節約術です。節約雑誌などにも必ず載っている方法なのですが…

定番にも関わらず、丁寧に解説がされている雑誌が少ないのも事実です。例えば、ポイントが付与されるクレジットカードは限定されますし、上限金額についても詳しく解説されていない事が多いです。

せっかくnanacoを使って納税したのに、クレジットカードのポイントが貰えなかった…という悲しい事態にならないためにも、是非この記事をしっかりと読んでおいてくださいね。

 

税金がお得になるポイントはnanacoへのクレジットチャージ

もう少し詳しく解説していきましょう。なぜセブンイレブンでnanacoを使って納税するとお得になるのでしょうか…?

まず、先程もご紹介した通り「税金はコンビニで支払う」事ができます。

しかし、多くのコンビニでは支払い方法は現金のみとなります。現金で納税してしまっては何のポイントも付きませんのでお得にはなりません。

ですが、セブンイレブンでは電子マネーの「nanaco」で税金を支払う事ができるのです。nanacoは電子マネーですので、nanacoを使うにはまずnanacoへお金をチャージする必要があります。ここがポイントです。nanacoは「クレジットカードでお金をチャージする事ができる」のです!

つまり、まとめるとこうなります。

クレジットカードからnanacoにチャージ!(クレジットカードポイントゲット!)

セブンイレブンでnanacoを使って税金・公共料金支払い

これが今回の節約ワザのポイントです。nanacoで税金や公共料金を支払えばクレジットカードポイントが貯まる!という事ですね。クレジットカードでのnanacoチャージの手数料はもちろん無料ですので、クレジットチャージで損する事もありません。

CHECK
税金・公共料金などバーコード(CVS収納)の場合、残念ながらnanacoポイントは付与対象外です。
CHECK
nanacoは別名義の税金も支払う事ができます。奥様名義のnanacoで、ご主人名義の税金を支払う。というやり方もOK。忙しいご主人に代わって、お得に納税できて便利ですね。
元々クレジット支払いに対応している時は
電気料金やガス料金などは、元々クレジットカード払いに対応している場合も多いです。そんな時は、普通にクレジットカード払いで支払いを行いましょう。その方が簡単でクレジットカードポイントも普通に付与されます。

今回の裏ワザは、直接クレジットカードで支払いができない・手数料が取られてしまう税金や公共料金を、間接的にクレジットカードを使ってポイントをゲットしよう!という方法です。

ポイント対象外のクレジットカードもあります!
注意しておきたいのが、クレジットカードからnanacoへチャージした際に、全てのクレジットカードでポイントが貰えるわけではないという事です。

むしろ、nanacoチャージでポイントが付与されるクレジットカードは限定されます。ポイント対象のクレジットカードは後ほどじっくりご紹介しますので安心してくださいね。

でも、実は…全てのクレジットカードでポイントをゲットできてしまう裏ワザもあるのですが…これも後ほどご紹介します。

 

税金をお得にするnanaco活用術【準備編】

それでは、まずは準備を行いましょう。ここで間違えてしまうとせっかくnanacoを使ったにも関わらずポイントが貯まらなくなってしまいます。1つずつ確実に準備を行っていってくださいね。

① nanacoをゲットしよう

なにはともあれ、まずはnanacoを手に入れましょう。nanacoには以下の2種類があります。

nanacoカード

厚紙製(?)のカードです。サイズはクレジットカードと同じです。セブンイレブンやイトーヨーカドーで発行してもらう事ができます。

なお、発行には300円の発行手数料がかかりますが、イトーヨーカドーでは毎月8・18・28日の「8がつく日」は発行手数料が無料になります。

また、現在セブンイレブンではセブンイレブン公式アプリをダウンロードすれば発行手数料が無料になるキャンペーン中です。

出典:セブンイレブン公式サイト

「8のつく日」やキャンペーンを狙って、無料で発行できると良いですね。また、nanaco発行には申込書の記入が必要です。事前にWebで登録しておくと発行がスムーズになりますのでこちらからあらかじめ登録しておきましょう。ちなみに、年会費は無料です。

nanacoモバイル

物理カードではなく、スマホアプリの「nanacoモバイル」に登録する事でnanaco機能を使う事もできます。こちらは手数料・年会費共に無料です。

ただ、利用できるのはおサイフケータイに対応している端末のみです。残念ながらiPhoneには対応していません。基本的にはnanacoカードの方を持っていれば問題無いでしょう。機能的には同じです。

おサイフケータイに対応しているスマホを持っている場合は、nanacoカード・nanacoモバイルを両方持つのも便利かもしれませんね。

ポイント対象外のnanacoに注意!
nanaco付クロネコメンバーズカード
iPhone nanacoシール
株主カードnanaco

上記のnanacoはクレジットポイント対象外になりますので注意しましょう。イトーヨーカドー・セブンイレブンで発行したnanacoもしくは、モバイルnanacoのみがポイント対象だと考えておけばOKです。

② nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードをゲットしよう

続いて、クレジットカードを用意します。前述しましたが、基本的にはnanacoチャージでポイントが付与されるクレジットカードは限られます。今回は、その中でも特にオススメの2枚をご紹介しますね。

リクルートカード

出典:リクルートカード公式サイト

リクルートカードは年会費無料にも関わらずポイント還元率1.2%という、とてもお得なクレジットカードです。もちろんnanacoチャージでも1.2%のポイントが付与されます。

カードブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つがありますが、どのブランドでもポイントが貯まります。

リクルートカードでは「リクルートポイント」というポイントが貯まります。リクルートポイントは旅行サイトの「じゃらん」や「ホットペッパーグルメ・ビューティー」などで利用できる他、「Pontaポイント」へも等価で交換可能です。

一番のオススメはPontaポイントへ交換して「ポン活」で活用する事です。ポン活とは、Pontaポイント・dポイントを使ってローソンの「お試し引換券」とお得に交換する事です。

お試し引換券は、通常の販売価格の半額以下のポイントで交換可能なので、1ポイントの価値が2倍〜3倍に跳ね上がります。

ポン活については以下の記事で徹底的に解説しています。

CHECK
ただし、リクルートカードでのnanacoチャージは、月に3万円までがポイント加算対象となります。3万円を超えた分はポイント対象外となりますので注意しましょう。

月間集計期間は毎月16日~翌月15日となり、全ての電子マネーチャージの合計額が3万円までとなっています。

Yahoo! JAPANカード(ワイジェイカード)


Yahoo! JAPANカードも年会費無料でnanacoチャージでポイントが貯まります。以前はJCBブランドのみがポイント対象となっていましたが、現在はVISA・Master・JCB全てのブランドでポイント対象となりますので、どのカードブランドを選んでも問題ありません。ママの芽編集部としてのオススメカードブランドはVISAです。

ポイント還元率はnanacoへのチャージの場合、還元率0.5%とリクルートカードに比べると低い設定ですが、Tポイントが貯まるというのが魅力です。

Tポイントは非常に多くの加盟店がありますので使うのに困る事は無いでしょう。特にオススメの使い方は「ウェル活」でのTポイント活用です。

ウェル活とは、ドラッグストアの「ウエルシア薬局」でお得にTポイントを使う事です。通常1Tポイント=1円のところ、毎月20日のお客様感謝デーでは1Tポイント=1.5円となりポイントを1.5倍の価値で利用する事ができます。

ウェル活については以下の記事で徹底的に解説しています。

nanacoチャージ周りは条件変更(改悪)が活発

他にも、セブンカードプラス・ファミマTカード・JMBローソンPontaカード(VISA)・セディナカード・Tカードプラス(JCB)など、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードは多数存在します。

しかし、nanacoチャージでのポイント付与に関しては頻繁に条件変更や改悪が行われています。リクルートカードのように上限額が設定されたり、還元率の低下・ポイント対象外へ変更…など、最近は動きが激しくなっています。

条件変更があった場合は情報が入り次第更新していきますが、利用する際はご自身でも再度確認頂く事をオススメします。

クレジットカード発行でさらにポイントゲット!
クレジットカードを発行する時は、直接公式サイトで申し込むのは厳禁です。かなり損することになります。

「ポイントサイト」を経由してから申し込めば、それだけで数千ポイントが無料で貰えちゃいますよ。

先程ご紹介した「リクルートカード」「Yahoo! JAPANカード」もポイント加算対象となっています。(対象カード・獲得ポイント数はタイミングによって異なる場合があります。

獲得したポイントは現金へのキャッシュバックの他、TポイントやPontaポイントなど各種ポイントへ交換する事ができますよ。 詳しくはこちらの記事で徹底解説しています。

【裏ワザ】全てのクレジットカード(VISA・Master)でポイントをゲットする方法

さて、nanacoへのクレジットチャージではポイント対象となるクレジットカードは限られる。というお話をしました。

しかし、実は全てのクレジットカード(ただしVISA・Master限定)でポイントを貯める事ができる裏ワザも存在します。

その裏ワザとは、「nanacoギフトコード」を購入する。という方法です。クレジットカードから直接nanacoへチャージするのではなく、まずはnanacoギフトコードを購入してからギフトコードをnanacoへ入力してチャージするという流れになります。

nanacoギフトコードの購入はチャージではなく普通の買い物として処理されますので、どのクレジットカードでもショッピングとして扱われポイントが普通に付与されるという事になります。リクルートカードであれば3万円を超えてもポイント還元率は1.2%のままですし、Yahoo! JAPANカードであれば還元率は1%へアップします。

ただし、クレジットカードでnanacoギフトコードを購入する場合、多くの場合は額面よりも高い金額で販売されています。例えばAmazonでは1万円分のギフトカードが11,600円で売られています。これでは1,600円の損になってしまいますよね…

そこで、活用したいのが「kiigo」というサイトです。こちらのサイトでは、正規の値段でnanacoギフトカードをクレジットカードで購入する事が可能です。VISA・Master限定ですが、普段お使いのクレジットカードでもポイントが貯まりますよ。

nanacoギフトはギフトという名前ではありますが、自分用に購入する事も問題ありません。kiigoでは「自分用に購入する」購入方法もありますので安心してくださいね。

CHECK
はじめてkiigoへ登録する場合は是非以下の「紹介コード」をご利用ください。2回目以降の購入で使える割引券(ポイント)が貰えますよ。もちろん、nanacoギフトコードの購入にも使えます。

紹介コード:fe655v088Y

CHECK
kiigoでのnanacoギフトコードの購入は1アカウントにつき、月5万円までとなっています。5万円以上購入したい場合は、夫婦2人でそれぞれkiigoアカウントを作成すれば月10万円まで購入可能になります。

 

税金をお得にするnanaco活用術【実践編】

「nanacoカード(もしくはモバイル)」と「リクルートカード」or「Yahoo! JAPANカード」は用意できましたか?

それでは、続いて実践編です。実際にnanacoへチャージしてコンビニで税金支払をしてみましょう!

①クレジットカードの本人認証をしよう

nanacoへクレジットカードチャージをするには、まずクレジットカード側の「本人認証」が必要になります。不正利用を防止する重要な設定ですので必ず設定しておきましょうね。

リクルートカードの場合は、カードのWebサービス(インターネット上で利用履歴などが確認できるサービス)に登録していれば、既に本人認証が完了しています。パスワードはカードのWebサービスにログインする時のパスワードと同じです。

つまり、リクルートカードは本人認証は不要という事ですね。一方、Yahoo! JAPANカードはご自身で本人認証を行う必要があります。カード会員サービスメニューの「本人認証サービスの登録・停止」より手続きができます。詳しくはこちらのページをご覧ください。

②クレジットカードの事前登録をしよう

次に、nanacoの会員ページでクレジットカードの登録を行いましょう。nanacoへクレジットチャージするには、クレジットカードの事前登録が必要です。

クレジットカードの登録はこちらのnanaco会員メニューから行う事ができますよ。「nanacoクレジットチャージ」から順番に進めていってくださいね。

CHECK
クレジットカードの登録はnanaco発行後すぐに行う事はできません。

nanacoカード→入会から10日後の朝6時以降
nanacoモバイル→入会から4日後の朝6時以降

上記の期間経過後から登録が可能となりますので、nanacoを新規発行した際は少し待つ必要があります。

CHECK
クレジットカードの登録はnanaco1枚につき、クレジットカード1枚までとなっています。登録したクレジットカード以外ではチャージする事はできません。

③nanacoにチャージしよう

クレジットカードの事前登録が完了したら、いよいよnanacoへクレジットチャージをしましょう!

nanaco会員メニューから「nanacoクレジットチャージ」を選択して案内どおり行っていけばクレジットチャージが完了します。

 

さて、ここでnanacoのチャージ上限金額やクレジットチャージの条件などを確認しておきましょう。

まとめると以下のようになります。

nanacoは1枚で上限5万円までチャージ可能
クレジットチャージができる回数は1ヶ月で15回まで
クレジットチャージは1日最大3回まで可能
クレジットチャージは1回の上限3万円まで
1か月でチャージできる最大金額は20万円まで

少し分かりにくい条件が並んでいますので、詳しく解説します。

nanacoは1枚で上限5万円までチャージ可能

nanacoにチャージしておける最大金額は5万円までに設定されています。買い物で利用して残高が減れば、減った分を追加して最大5万円までは追加チャージが可能という事です。

ただし、追加分も含めてチャージした合計金額が20万円を超えるとチャージできなくなる。というのが「1か月でチャージできる最大金額は20万円まで」という条件になります。

クレジットチャージ回数は1ヶ月15回まで・1日3回・1回上限3万円

クレジットカードは1か月に15回まで行う事ができ、1日の上限は3回までとなっています。

また、1回の上限は3万円までとなっていますので、nanacoの上限5万円までクレジットチャージしたい場合は「3万円チャージ→2万円チャージ」といった形で2回に分ける必要があります。

CHECK
リクルートカードのポイント付与対象は月に3万円までですので注意しましょう!

④「残高確認」をしよう

上記の流れでクレジットチャージは完了しました。

が…、この状態ではまだnanacoで支払いをする事ができません。クレジットチャージが完了するとチャージ残高は、まずnanacoの「センターお預かり分」という所へプールされます。nanacoで支払いをするには、センターお預かり分をnanacoカードへ移行させる必要があります。

センターお預かり分をnanacoカードへ移行させるには、セブンイレブンの店内にあるセブン銀行ATMかレジにて「残高確認」を行う必要があります。レジでは店員さんに行って貰わなくてはいけないので、セブン銀行ATMで行うのが簡単です。

残高確認の手順は

① ATM画面の「nanaco」をタッチする
② ATMリーダーにnanacoカードをタッチさせる
③ 「残高確認」をタッチする

これだけです。これでnanacoカードへ残高が反映され、支払いができるようになります。

CHECK
nanacoモバイルの場合は残高確認は必要ありません。クレジットチャージの申込み後そのまま支払いに利用できます。

2回に分けて5万円分チャージしておけば、自動車税や軽自動車税は問題なく支払えるでしょう。固定資産税や住民税は分割支払いの方であれば5万円以内に収まるのではないでしょうか。

もし、5万円以上の税金を支払いたい場合は…

後ほど詳しく解説しますね。

⑤レジでnanacoをタッチして税金を支払おう

残高確認をしてnanacoカードへ残高を移行させたら、税金の納付書とnanacoを持ってセブンイレブンのレジへ行きましょう!

レジで「nanacoで支払います」と言えばOKです。これで無事お得な納税完了です。

説明すると長くなってしまいましたが、実際やってみるとそんなに難しくありません。是非積極的に活用してみてくださいね!

 

5万円以上の税金をnanacoで支払う方法

先程もお伝えしたとおり、nanacoのチャージ上限額は5万円です。5万以上の税金は支払えないのでしょうか…?いいえ、5万円以上の税金もnanacoで支払う方法があります。

10万円以下編

実はnanacoは実質10万円までチャージする事が可能です。「さっき、5万円までって言ってたじゃないか!」と思われるかもしれませんね。

確かに、nanacoへ反映できるチャージ残高は5万円までです。

ただ、先程も解説したとおりnanaco残高は「センターお預かり分→nanacoカード残高」へ移動していきます。この仕組を応用します。

 

例えば、5万円をクレジットチャージするとまずはセンターお預かり分に5万円チャージされます。

nanacoカード残高:0円
センターお預かり分:5万円

続いて「残高確認」を行うと5万円はnanacoカードへ移動します。

nanacoカード残高:5万円
センターお預かり分:0円

「センターお預かり分」に注目です。センターお預かり分は0円になりましたね。ここで、さらに5万円分のクレジットチャージを行えば、センターお預かり分に追加で5万円チャージする事ができるのです!

nanacoカード残高:5万円
センターお預かり分:5万円

これで合計10万円をnanacoにチャージできた事になります。

ただし、一気に10万円を支払う事はできません。レジでは「まず5万円分をnanacoで支払います」と伝えてください。

その後、すぐにレジで「残高確認」をお願いしましょう。すると、nanacoカードへセンターお預かり分の5万円が移行されますので、残りの5万円を支払う事が可能になります。

CHECK
nanacoへ合計10万円チャージするには、nanacoのクレジットチャージ条件により1日で行う事はできません。最低でも2日かかりますので注意しましょう。

具体的な流れは以下のようになります。

【1日目】

① 3万円分クレジットチャージ
(1回のクレジットチャージ上限が3万円までのため)

② 2万円分のクレジットチャージ
(センターお預かり金額上限が5万円までのため)

③ セブンイレブンへ行き、残高確認
(nanacoカードへ5万円移行。センターお預かり分0円に)

④ 3万円分クレジットチャージ
(1回のクレジットチャージ上限が3万円までのため)

1日目はこれで終了。合計8万円チャージ完了。
(1日のクレジットチャージ上限が3回までのため)

【2日目】

2万円分のクレジットカードチャージ
(センターお預かり金額上限が5万円までのため)

これで、合計10万円のチャージ完了!
(nanacoカード残高5万円・センターお預かり分残高5万円)

10万円〜25万円編

nanacoは最大10万円までチャージできる事が分かりました。あまり機会は無いかもしれませんが、10万円以上の税金をnanacoで支払いたい場合はどうすれば良いでしょうか?

そんな場合は、複数枚のnanacoを利用しましょう。nanacoは1回の支払いで5枚まで使用する事ができます。2枚あれば20万円の支払いが可能ですよ。nanacoカードとnanacoモバイルを兼用するのも良いですね。

CHECK
クレジットチャージ用にnanacoに登録したクレジットカードは、他のnanacoへ重複して登録する事はできません。同じクレジットカードでチャージしたい場合は、一旦クレジットチャージの登録解除→別のnanacoへ登録し直す。という作業が必要になります。
【裏ワザ】センター預かりを5万円以上チャージする方法
通常、センター預かり分のチャージ金額は5万円までとなっています。

ただし、nanacoギフトカードでチャージした分は5万円以上でもセンター預かり分へ反映されます。5万円毎に残高確認が必要になりますが、上限を気にしないでチャージできるのもギフトカードのメリットですね。

25万円以上の場合は…

nanacoでは1回の支払いで決済できる上限額が25万円までとなっています。残念ながら25万円を超える金額はnanacoで支払う事はできません。はみ出してしまった分は現金で支払う必要があります。

また、30万円を超える税金に関してはそもそもコンビニ支払いができませんので、25万円以上の支払いはあまり気にする必要は無いでしょう。

 

税金支払以外でもnanacoはお得!

ここまでは税金をnanacoで支払う方法についてお話してきましたが、nanacoは税金以外でもお得に活用する事ができます。ここでは、税金以外のお得な使い方を少しご紹介しますね。

普通の買い物でポイント2重取り

ここまででお話してきた通り、クレジットカードでnanacoへチャージを行えばチャージした時点でクレジットカードのポイントが貯まっている状態になっています。

税金・公共料金などの支払いの場合は、クレジットカードのポイントだけしか貰えませんが、セブンイレブンやイトーヨーカドーで普通に買い物した時はnanacoポイントも付与されます。

nanacoポイントはnanacoで買い物をしたタイミングで付与され、基本的には100円の買い物で1ポイント獲得できます。nanacoポイントは1ポイント=1円として、nanacoへキャッシュバックさせる事ができますので還元率は1%となります。

クレジットカードのポイント0.5%〜1.2%に加えて、nanacoポイント1%を獲得できますのでポイント二重取りとなり実質還元率は1.5%〜2.2%となります。

nanacoが使えるお店はこちらのページから確認できますよ。

ただし、税金・公共料金の他にもタバコ・切手・プリペイドカードの購入時はnanacoポイント対象外となります。詳しくはこちらのページも確認しておきましょう。

クオカードで利用範囲を広げよう

nanacoが使えるお店はあまり利用しない…という場合は、クオカードを活用するのも良い方法です。

セブンイレブンではnanacoでクオカードを購入する事ができます。クオカードはnanacoポイント付与対象外ではありますが、実はクオカード自体にボーナスが付与されています。

例えば、セブンイレブンでは1万円分のクオカードを購入すると、180円分のオマケが付いた合計10,180円分利用できるクオカードが貰えます。還元率で言えば1.8%ですので、クレジットカードポイントと合わせると2.3%〜3%の還元率となります。

CHECK
5,000円分のクオカードの場合は70円のオマケが付いています

クオカードであればnanacoよりも利用範囲が格段に広がりますし、さらにポイント還元率を高める事もできます。

例えば、クオカードはローソンでも利用できます。ローソンではPontaポイントが貯まりますので

nanacoクレジットチャージポイント1.2%(リクルートカードの場合)
クオカード1.8%
Pontaポイント1%

上記のようにポイントを三重取りする事ができるのです。合計するとなんと還元率4%です!

プリペイドカードもお得に!

他にも、セブンイレブンにはクレジットカードで支払いはできないけど、nanaco支払いはOKという商品があります。

例えば、iTunesカードやAmazonギフト券・DMMプリペイドなどのプリペイドカードが良い例です。こういったプリペイドカード系は金券として扱われるので、他のお店でもクレジット払いはNGです。

しかし、nanacoでの支払いはOK!つまり、間接的にクレジットカードで支払う事ができるという事ですので、本来は貰えないクレジットカードポイントが獲得できてしまうのです。

 

ミニストップ+WAONでも税金をお得に支払えます

出典:JAL公式サイト

今回はセブンイレブン+nanacoで税金を支払う方法を解説しましたが、ミニストップ+WAONでも同じように税金を支払う事ができます。

ミニストップ+WAONでは、最大2%の還元率でJALマイルを貯める事ができますよ。イオンで利用する場合はなんと最大3.5%の還元率まで高める事も可能です。

WAONでJALマイルを効率的に貯める方法についてはこちらの記事で徹底解説しています。

 

まとめ

今回は、nanacoを使って税金をお得に支払う方法について解説しました。

ポイントはnanacoにクレジットカードでチャージをして、セブンイレブンで納税を行うという事です。本来なら付与されないクレジットカードポイントがゲットできますよ。

通常、ポイント付与対象となるクレジットカードは限られますが、全てのクレジットカードがポイント対象となる裏ワザも参考にしてみてくださいね。

1%の還元率でも税金は毎年必ず支払わなければいけません、積み重ねていくと大きな節約になりますよ。是非実践してみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

ママの芽(ままのめ)|ママの笑顔をサポートする情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママの芽(ままのめ)|ママの笑顔をサポートする情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ママの芽編集部

ママの芽編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【妊娠初期の冷え性対策】原因と影響は?妊婦の大敵「冷え」解消法を徹底解説!

  • 【妊娠初期の頻尿対策と改善法】いつから?おしっこの色やにおいは?おすすめグッズも紹介します♪

  • 妊娠初期に運動しても大丈夫?おすすめの方法とNG運動・注意点

  • 【妊婦さんの肌荒れの原因と対策】妊娠中のひどい肌荒れに効果的なスキンケアを徹底解説します!

関連記事

  • 【ウェル活とは?】ドラッグストアの買い物が33%OFFになる!ウェル活のやり方完全ガイド♪

  • 【徹底解説!】モッピーからPontaポイント・dポイントへの交換方法完全ガイド

  • 【ポイ活で節約生活♪】初心者向け『モッピー』完全攻略ガイド!使い方・ポイント交換法を徹底解説!

  • 【FX初心者向け】ポイントサイトで大量ポイントゲット!簡単・安全なFXのやり方完全ガイド♪

  • 【税金もOK!】WAONでJALマイルを最大還元率3.5%で貯める方法☆完全ガイド!

  • 【ポン活のやり方完全ガイド♪】事前準備・商品GET・注意点・ポイントの貯め方まとめ