1. TOP
  2. 妊娠・出産
  3. 【妊娠中の髪の毛のパサパサを改善!】妊婦さんのためのヘアケア法10選♪

【妊娠中の髪の毛のパサパサを改善!】妊婦さんのためのヘアケア法10選♪

 2018/07/14 妊娠・出産
この記事は約 10 分で読めます。 5,422 Views

妊娠すると髪の毛のパサパサに悩まされる妊婦さんが多いです。「こんなにヒドイのは自分だけかも…」「いつまで続くの?」と心配になるかもしれませんが、妊娠中の髪の毛のパサパサは妊婦さんの髪の毛トラブルNo.1です。誰もが経験しますし、髪の毛トラブルは一時的なものですので安心してくださいね。

といっても、髪の毛のパサパサやチリチリはとても気になりますよね。そこで今回はパサパサ髪を改善させる、妊婦さんのためのヘアケア方法について詳しく解説します。

 

妊娠中の髪の毛のパサパサは妊婦さんの髪の悩みNo.1!

妊娠中は様々な身体の変化によって、髪の毛の状態も変化します。妊婦さんの髪の毛の悩みで特に多いのは髪の毛の乾燥・パサつきで、半数以上の妊婦さんが悩んでいるようです。

髪の毛の変化は早いと妊娠初期から起こります。想像以上の乾燥髪に驚く妊婦さんも多いですが、一時的なもので出産後徐々に元に戻っていきますので安心してくださいね。

しかし、気になるパサパサ乾燥髪を放っておくわけにはいきませんよね。次項から早速、パサパサ髪を改善させる具体的な方法をご紹介しますね。

 

妊婦さんのパサパサ髪を改善するヘアケア法10選

ヘアカット

先輩ママが行っていたヘアケアで一番人気なのが「ヘアカット」。髪の毛を短くする事で余計な髪の毛の乾燥を防止するシンプルな方法です。

ただ、ショートカットにすると髪の毛が広がって、まとまりが悪くなる事があります。また、妊娠中は抜け毛も多くなりますので、ボリューム感が無くなって薄く見えてしまう事も。そんな時は、これからご紹介するヘアケアも合わせて試してみて対策を行ってくださいね。

ヘアカットと合わせて、美容師さんに相談するのも良いでしょう。ご自身に合った髪型やケア方法を教えてくれますよ。美容院でヘッドスパをするのもオススメです。髪の毛のトラブルはもちろん、疲れやストレスにも効果的です。

気にしすぎない(ストレスを溜め込まない)

「気にしすぎない」というのも先輩ママから多いアドバイスです。妊娠・出産による髪の毛のトラブルは時間と共に元に戻っていきます。あまり気にしすぎてしまうとストレスが溜まってしまい、さらに髪の毛のトラブルの原因となります。

ストレスはお腹の中の赤ちゃんにも良くありません。「出産後、だんだん元に戻ってくるから大丈夫。」と考えて悩み過ぎないようにしましょうね。

良質な睡眠を

髪の毛は成長ホルモンが分泌される夜22時〜深夜2時頃に成長します。髪の毛のトラブルを防ぐにはこの時間がとても重要です。

妊娠中は様々な要因で眠りが浅くなったり、寝付きが悪くなる事もあります。しかし、慣れない妊娠生活で疲れた身体を効果的に癒やすためにも、遅くとも夜24時までにはベッドで横になるようにしましょうね。

食生活を見直す

睡眠と合わせて、とても大切なのは食事です。髪の毛に良い栄養素はビタミン・ミネラル・たんぱく質・亜鉛などです。妊娠中に必要な栄養素も多く含まれていますので積極的に摂取するようにしましょう。

妊婦さんの髪の毛に良い食べ物は?
具体的には以下のような食べ物が髪の毛に良いとされています。

ひじき
わかめなどの海藻類
ほうれん草・小松菜などの緑黄色野菜
大豆食品

どの食材も妊婦さんが積極的に摂取したい食べ物ばかりです。是非日々の食事の中に取り入れてみてください。ただし、特定の食品ばかりを食べるのではなく、栄養バランスにも気を付けてくださいね。

水分補給と血行改善

妊娠中はホルモンバランスが変化し、水分不足になりやすい状態です。水分不足は髪の毛の状態にも影響します。他にも脱水症状や高血圧を起こしてしまうリスクもありますので、こまめに水分補給を意識しましょう。

妊婦さんは1日に1.5リットルの水分補給が必要だと言われています。水以外にもハーブティーやノンカフェインのお茶など、飲みやすい飲み物を回数を分けてこまめに飲むと良いでしょう。つわりで飲むのも辛い時は氷をなめるのもオススメですよ。

また、血行が悪い状態も髪の毛はもちろん、むくみや頭痛などの原因となります。特に妊婦さんはむくみが酷くなりやすいですので、血行の改善も大切です。詳しくは以下の記事内で解説していますよ。

シャンプーを変えてみる

妊娠中は頭皮もデリケートになります。普段使っているシャンプーでは、頭皮にダメージを与えてしまうかもしれません。

市販されているシャンプーの多くは洗浄力が高くスカッとしますが、頭皮への刺激が強めです。成分表に「ラウリル硫酸・ウレス硫酸」と書かれていたら要注意です。

妊婦さんの頭皮はデリケートですので、なるべく低刺激のシャンプーへ変える事をオススメします。「アミノ酸」を多く配合しているシャンプーや「ノンシリコン」のものを選ぶと良いでしょう。

トリートメントを変えてみる

シャンプーと合わせてトリートメントも定期的に行いましょう。妊娠の影響で細くなってしまった髪の毛にコシやツヤを与える事ができますよ。

ただし、トリートメントもシャンプーと同じく低刺激のものを選ぶ用にしましょう。ラウリル硫酸やパラベンなどが成分に含まれる商品は避けておきましょうね。

ナチュラルオイルを使ってみる

シャンプー前の濡れた髪の毛にナチュラルオイルでケアするのも良いでしょう。ナチュラルオイルにはホホバオイルやアルガンオイル・椿オイルなどがあります。

ただ、ナチュラルオイルは香りが特徴的なものもあります。妊娠中は匂いにも敏感になっていますので、気分が悪くならないオイルを見つけられると良いですね。

すすぎをしっかり行う

髪の毛を元気にするには、シャンプーやトリートメント後のすすぎが大切です。シャンプーが髪の毛に残ってしまうと、毛穴が詰まったり炎症を起こしたりと髪の毛や頭皮に悪影響を及ぼします。

せっかく低刺激のシャンプーやトリートメントに変えても、すすぎがしっかりできていないと効果が半減してしまいますので注意しましょうね。

ドライヤーでしっかり乾燥させる

すすぎと合わせて、入浴後のドライヤーも重要です。髪の毛が濡れている状態は痛みやすく、頭皮にも雑菌が繁殖しやすくなります。自然乾燥は厳禁です。入浴後は早めにドライヤーでしっかり乾燥させましょう。

ドライヤーと共に、マイクロファイバーなどの吸水性の高いタオルを活用すると早く乾燥ささせる事ができますよ。

 

妊婦さんにオススメのヘアケア商品は?

続いて、妊婦さんにオススメのヘアケア商品をご紹介しましょう。シャンプーやトリートメント選びの参考にしてみてくださいね。

ノンシリコンシャンプー

市販の一般的なシャンプーには「シリコン」が成分として含まれています。シリコンは髪の毛をコーティングして、ツヤを与えたり指通りを良くしてくれます。

しかし、シリコンは刺激が強く髪の毛や頭皮に負担を与える事があります。特に妊婦さんの頭皮はデリケートになっていますので、シリコンが含まれていない「ノンシリコンシャンプー」を選ぶ事をオススメします。

ただ、ノンシリコンシャンプーによっては泡立ちが少なく、髪の毛がゴワゴワしたりきしみを感じる事があります。

そこで、ダントツにオススメなのが「POLA FORM」です。大手化粧品メーカーPOLAが開発したノンシリコンシャンプーです。ノンシリコンなのにきめ細かい泡で、きしみが無いと先輩ママからも好評ですよ。

3417

ヘアオイル

入浴後のドライヤーは必須ですが、髪の毛に必要な水分まで乾燥させてしまうデメリットもあります。髪の毛のパサパサを防ぐには、必要な水分だけは逃げないように保護する事が大切です。

そこでオススメなのがヘアオイルです。ヘアオイルは髪の毛に必要な水分の保護だけでなく、髪の毛に栄養も与えてくれます。使い方もとても簡単で、ヘアオイルを数滴手のひらに広げて髪の毛に揉み込むように伸ばすだけです。入浴後にさっとヘアケアできますので、妊婦さんの負担も少ないでしょう。

ただ、ヘアオイルの中には鉱物性の刺激が強いものがあります。妊婦さんには天然成分100%の植物性を使用する事をオススメします。

こちらの「mogansディープモイストオイル」は、アルガンオイルを使用した天然成分100%のヘアオイルです。ラウリル硫酸やシリコンなども含まれておらず、妊婦さんも安心して使用できますよ。


妊娠中のカラーリングやパーマはOK?

妊娠中は敏感肌になっていますので、化学物質を使うカラーリングやパーマは避けておきましょう。お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性があります。

カラーリングについては天然素材を利用したヘアカラーもありますので、美容師さんと相談してみるのも良いでしょう。ただ、妊娠初期はつわりが辛かったり匂いに敏感になる時期でもありますのでなるべく避けておくのが無難です。

どうしても、という場合は自宅でセルフヘアカラーに挑戦した先輩ママも多いみたいですよ。ただし、頭皮のヒリヒリなどいつもと違う違和感を感じたらすぐに中止してくださいね。

そもそも、なぜ妊娠すると髪の毛がパサパサになるの?

ここでは、妊娠すると髪の毛がパサパサになる原因をご紹介します。パサパサ髪が一時的だという事が理解して貰えると思いますよ。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)というホルモンの分泌が盛んになります。

この2つのホルモンは本来髪の毛にとって良い働きをするのですが、バランスが崩れてしまう事で逆に髪の毛の不調を引き起こしてしまいます。産後、ホルモンバランスが元に戻る事で髪の毛の不調は改善していきます。

血行不良

血行不良になる原因もホルモンバランスが影響しています。他にもお腹が大きくなる事によって内蔵が締め付けられ、血流が悪くなる事もあります。

血行不良は頭皮の状態にも影響を及ぼしますので、髪の毛の不調にもつながる訳です。

栄養不足

妊娠中はお腹の赤ちゃんへ栄養を送っています。また、つわりなどで思うように食べる事ができずに栄養バランスが偏ってしまう事もありますよね。髪の毛まで栄養が充分に回らず、パサつきが起こっているのです。

ストレス・睡眠不足

妊娠すると何かとストレスが溜まるものです。ストレスでなかなか寝付けない事もあるでしょう。前述した通り、髪の毛は夜22時〜深夜2時頃に成長します。良い睡眠が取れていないと髪の毛の不調が現れる事があります。

 

妊娠中はその他の髪の毛トラブルも…

上記の理由から、髪の毛のパサつきの他にも「抜け毛・白髪・フケ・切れやすい」などのトラブルが起こる事があります。特に抜け毛に悩んでいる妊婦さんも多いようです。

しかし、これも妊娠中なら誰でも起こりうる症状で一時的なものです。あまり気にしすぎず、ご紹介したヘアケア対策を少しずつ取り入れてみてくださいね。髪の毛のパサつき以外の症状にも有効ですよ。

 

まとめ

今回は、妊娠中の髪の毛のパサパサを改善するヘアケアについてご紹介しました。髪型をショートにしてみたり、シャンプー・トリートメントを見直してみると良いでしょう。

しかし、なにより大切なのは栄養バランスの取れた食事と水分補給です。この2つは髪の毛だけでなく、元気な赤ちゃんを産むためにもとても重要です。

また、あまり悩みすぎない事もポイントです。産後徐々に髪の毛は元に戻ってきますので、考えすぎてストレスを溜め込まないようにしましょうね。無理はしないで、できる事から少しずつヘアケアを行ってみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

ママの芽(ままのめ)|ママの笑顔をサポートする情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママの芽(ままのめ)|ママの笑顔をサポートする情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ママの芽編集部

ママの芽編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【妊娠初期の冷え性対策】原因と影響は?妊婦の大敵「冷え」解消法を徹底解説!

  • 【妊娠初期の頻尿対策と改善法】いつから?おしっこの色やにおいは?おすすめグッズも紹介します♪

  • 妊娠初期に運動しても大丈夫?おすすめの方法とNG運動・注意点

  • 【妊婦さんの肌荒れの原因と対策】妊娠中のひどい肌荒れに効果的なスキンケアを徹底解説します!

関連記事

  • 妊娠初期に運動しても大丈夫?おすすめの方法とNG運動・注意点

  • 【妊娠中の食事にオススメ!】妊婦にいい食べ物10選と簡単レシピまとめ

  • 【妊娠超初期の立ちくらみを改善!】原因と対策を徹底解説します

  • 【吐きつわりはいつまで?】ピークを乗り切る!吐きつわり軽減・対策法11選

  • 【妊娠初期の便秘解消法!】妊婦さんがカンタンにできる15個の方法

  • 【妊娠初期・超初期の「おりもの」の特徴】においや色は?多い・少ない?水っぽい?